サイトアナウンス
サイトアナウンス : お薬手帳のおはなし
投稿者 : koh 投稿日時: 2016-04-01 18:01:01 (619 ヒット)



2016年4月から、薬局で薬を処方してもらう際にお薬手帳を持参していれば、負担金が安くなる場合があります。 負担金を抑えるには、一定の条件があります。 それは6ヶ月の間で同じ薬局に2回以上通うと、2目以降に、負担が軽減されるのです。 これは、患者にかかりつけの薬局を決めてもらい、お薬の情報を一元管理するが目的です。 そもそも「お薬手帳」の普及のきっかけとなったのは阪神淡路大震災のときです。 災害時に服用している薬が分からず、適切な処方がされなかったという経緯があります。 お薬手帳は、自分が使っている薬の名前・量・日数・使用法などを記録するもので、過去にかかった病気、体調の変化などについても記入できます。ぜひ、来局のときには、お薬手帳を忘れず持参して服薬状況を確認してもらい、薬の飲み合わせや、残薬・重複投薬などを減少させるために有効に活用しましょう。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。